平成23年 7月31日(日) のレポートです。

 

こだま高速度試験の地(金谷〜藤枝)を訪ねる!



毎年7月31日に狭軌鉄道世界最高速度163kmを樹立したことを記念に、
3年前から、つまり50周年記念から、「藤枝は新幹線原点のまち」を伝える会というものを
開催していたことがわかります。何か、手がかりをと思い、7月31日に出かけることにしました。


高速度試験の出発地
金谷側大井川橋梁手前
時速163キロへの挑戦は、ここから始まった。
約50年前までは、もう1本レールが敷かれていた。
こだまはこのレールで出発!
黄色の矢印は、当時と同じ位置の架線柱と思われる。(ちょっと見えにくいが・・)
高速度試験の記録映画の画像
BGM高らかに出発!
カッコイイ〜
白い点線がもう1本のレール。
当然、橋梁ももう一本あった。
大井川橋梁は当時3連だった!
これがその映像。
こだまのボンネットが写真の下に写っている。
橋梁を渡り切ると、カーブ。
列車は、島田駅に向かう。
当時から左手に東海製紙の工場があった。
白い点線はこだまが通った跡。
ここが東京から209km地点。
当時は、砂埃を舞い上げて特急は走っていたのであろうか?
今ではあまり見ないと思う。
試験列車は、真中のサロ2両を抜いた6両編成。
島田駅通過。
昔の日本の駅らしい。
現在の島田駅。
新たに跨線橋を設けて橋上駅に改築された模様。
島田駅構内を出ると、すぐにポイント通過点。
右側のテントでは、いろいろな計測を行っているところ。
下の写真と位置関係を比較すると、おそらく同じ位置だろう。
現在のポイント通過点。黄色の矢印の先にテントがあったと思われる。
島田の次は、六合(ろくごう)。当時この駅はなかった。比較的新しい駅である。この駅には、高速度試験の記念碑がひっそりと建てられているが、これは、こだまの後のクモヤ93によるもので、時速175kmを達成した時のもの。
現在の六合駅を出るとまもなく、202km地点。
ここが、こだまが時速163kmを出し、狭軌で世界最高時速を出したところ。
ちなみに、記念碑は立てられていない。 (誰かこだま型のカッコイイの立てて〜) 写真上方の山の稜線が、下の写真と一致すると思われる。
上の写真は逆光気味なので、奥の山は見えない。
東京から202kmの地点は、瀬戸踏切付近である。
撮影した高台は、岩城神社である。当時の写真とは、角度が違うが、現在は木が多い茂り、唯一ここの位置が当時の写真にいちばん近かった。
それにしても、今は、家などの建物は多い。
下の写真と比較すると、ほぼ同じであろう。202km地点で。
今も東海道本線らしく、列車は頻繁に走っているが、日中は普通電車と貨物列車のみで、特急はない。




こちらも202km付近。
山の形もよく似ている。
とにかく真っすぐであり、高速度試験にこの区間が選ばれた理由がよく分かる。
もうすぐ藤枝に入るところに、カーブ区間があるレールへの横圧を測定しているところ。
今は、すっかり住宅地になって、山が見えない。地元の詳しい人に教えてもらって発見。 ただし、そこらじゅうに詳しい人はいない。
「藤枝は新幹線の原点のまち」と広めている人である。高速度試験は、新幹線のための実験であった。当時は新幹線車両もない中、在来の車両を使って行った。
藤枝駅に進入したこだま。
もちろん通常は止まらない特急が止まったのだから、地元の人は喜んだのだろう。
黄色い線より上の部分は、近代化に伴いかさ上げされたのであろう。今は、編成が短いので、途中からは当時の高さである。 新型機関車が特急列車のように驀進して通過した。ちょっとだけこだまを彷彿させた。 藤枝駅も橋上駅となり近代化した。
昔は跨線橋を降りたところに、駅本屋があり、改札を通った。
これは、実験を終え、金谷へ戻るこだま。 7月31日ではないが、写真右上のこんもりしたところが、岩城神社であろう。
今は、より木が茂り、形が違っているが、こちらは藤枝市の海側なので、高台は地図を見ても、ここぐらいしかない。そこから、202km地点を推測することがだいたいできた。 地元の詳しい人に確認はしたが。

ビデオで見る、この場所はどこか? 今回、藤枝市で開催された、「新幹線原点のまち藤枝」を伝える会に参加して、大きな収穫を得た。ほとんどが地元の人だったが、もっと多くの人に来てもらいたい。話によると、今回は3回目らしく、50年目にあたる年には、やはり高速度試験区間を歩いたり、博物館では、鉄道博物館から借りた記録プレートや自作のジオラマを展示したりしていたそうだ。ジオラマはぜひ見たかった。今回は、ビデオ上映のほかに、貴重な資料の写しをもらったり、藤枝駅構内に保存されている、開業当初からある赤レンガの油庫を見学したりすることができた。ビデオには出てこないが、高速度試験を見守っていた、当時を語る重要なアイテムである。会が終了し、次はどのような企画になるかを楽しみにして、藤枝を後にした。帰りは、静岡乗り換えで、もちろん「こだま号」で東京へ向かった。

帰宅後、今回の感動をOJのこだまで、高速度試験車の再現をするのもいいかもしれないと思った。もっとも、実物は近畿車輌製だったけど(モデルはクハ26001で川崎車輌製)。